En Mi Corazon

アクセスカウンタ

zoom RSS 伝説誕生

<<   作成日時 : 2009/12/22 03:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

巷では、鳥人(とりじん)及びチンポジという検索ワードが急上昇らしい(笑)

やったな笑い飯。

12月20日、今年一番興奮した一日だった。

M−1グランプリ決勝戦。

ネタの出来、漫才の上手さ、ブレのなさでは、
パンクブーブーが圧倒的に勝っていたが、
勝者を食うほどの強烈な芸をやってのけた笑い飯。

本戦ネタの”鳥人”は、
夏のガチンコ漫才ネタバトルツアー以来何度かライブでみた。
しょーもなさと不気味さがたまらなく面白いのは知ってたが、
正直、あの爆発的な仕上がりには驚いた。

好き勝手やってるようにみえるが、実に冷静に観客の反応をうかがい
せりふの一言、間合い、リアクションの表情ひとつにもこだわって
チューンアップしてきた完成形が決勝の鳥人だ。

ずっと欲しかった高得点。
「こんなに面白いのに。なんで他の人にはわかんないんだよー」
ってゆーもどかしさに何年も苛まれてきたけど、
ぜーんぶ焼き払ってもらった感じがして、涙が出た。

決戦ネタの”審判とラグビー”は
ファンの大多数が知っている究極のアホネタ。
「破壊的に面白いけどさすがにM−1でやったらまずいんだろうね。。。」
そんな風に語られたことも数知れない。

だから、ラグビーの前フリに入ったとき、総毛立った。
え、やっちゃうの?いちかばちか?
しかも長いじゃん、残り時間足りるか?

でも、二人をみてたら、優勝なんてどうでもよくなった。
私が一番面白いと思ってる二人がみんなを爆笑させてる。
きっとこれを待ってたんだなー、何年も。

4分15秒だったね。
予選ならドカーン!ってなるところだ。暴れきったね。
最高に完全燃焼できた。

結果はね、そりゃー悔しいさ。
笑ってたくせに冷静なんだからもうー審査員ってば(笑)
惑わされないところがすげーな、ってある意味感心したけど。

勝てなかったけど笑い飯ワールドが炸裂したから満足。

来年も、もういっちょ暴れてくださいな。本当のラストに。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
伝説誕生 En Mi Corazon/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる